歯が黄色くなる原因とクリーニング

歯が黄色くなる原因とクリーニング

歯の黄ばみをどうにかしたいと思っている方は多いと思います。社会に出て仕事をするようになると、周りに歯が黄ばんでいる人が多いことに気づきました。コーヒーを飲んだり煙草を吸うようになる人が多いからでしょう。また、そのような飲み物を飲む習慣がなかったり、煙草を吸わない方でも年齢とともに歯が黄ばんできます。

皆さんも聞いたことがあると思いますが、歯の黄ばみ汚れはステインという着色汚れが原因です。歯を白くするためには、ステインが歯につかないようにしたり、ついてしまったステインを取り除けば良いのです。しかし、ここで1つ問題があります。

食事をしたあとはすぐに歯を磨くと良くないと言われています。食後は歯からカルシウムやミネラルが溶け出した状態になっています。これを脱灰と言います。そして時間が経つと徐々にカルシウムやミネラルが歯に戻る再石灰化が行われます。食後すぐは歯が傷つきやすい状態となっているため、ブラッシングすると虫歯の原因となります。ですから、再石灰化がすすむまで歯を磨かないほうが良いのです。食後は30分から1時間は時間を空けてから歯を磨くのが良いと言われています。

唾液の中にはペリクルという成分が含まれていて、再石灰化するのを助けます。しかし、ペリクルはステインを歯に定着させてしまう性質があるのです。つまり、虫歯を防ぐために時間を開けて歯を磨くとステインがついて歯が汚れるのです。逆にステインがつかないように食後すぐに歯を磨くと歯を傷つけ、虫歯の原因となります。また、歯のエナメル質に傷がつくと虫歯の原因となるだけでなく、ステインがその傷の間にたまりやすくもなります。

解決方法としては、通常の歯磨きでは虫歯にならないように磨き、黄色くなった歯をクリーニングで白くすることが考えられます。