歯 クリーニング

歯が黄色くなる原因とクリーニング

歯の黄ばみをどうにかしたいと思っている方は多いと思います。社会に出て仕事をするようになると、周りに歯が黄ばんでいる人が多いことに気づきました。コーヒーを飲んだり煙草を吸うようになる人が多いからでしょう。また、そのような飲み物を飲む習慣がなかったり、煙草を吸わない方でも年齢とともに歯が黄ばんできます。


皆さんも聞いたことがあると思いますが、歯の黄ばみ汚れはステインという着色汚れが原因です。歯を白くするためには、ステインが歯につかないようにしたり、ついてしまったステインを取り除けば良いのです。しかし、ここで1つ問題があります。


食事をしたあとはすぐに歯を磨くと良くないと言われています。食後は歯からカルシウムやミネラルが溶け出した状態になっています。これを脱灰と言います。そして時間が経つと徐々にカルシウムやミネラルが歯に戻る再石灰化が行われます。食後すぐは歯が傷つきやすい状態となっているため、ブラッシングすると虫歯の原因となります。ですから、再石灰化がすすむまで歯を磨かないほうが良いのです。食後は30分から1時間は時間を空けてから歯を磨くのが良いと言われています。


唾液の中にはペリクルという成分が含まれていて、再石灰化するのを助けます。しかし、ペリクルはステインを歯に定着させてしまう性質があるのです。つまり、虫歯を防ぐために時間を開けて歯を磨くとステインがついて歯が汚れるのです。逆にステインがつかないように食後すぐに歯を磨くと歯を傷つけ、虫歯の原因となります。また、歯のエナメル質に傷がつくと虫歯の原因となるだけでなく、ステインがその傷の間にたまりやすくもなります。


解決方法としては、通常の歯磨きでは虫歯にならないように磨き、黄色くなった歯をクリーニングで白くすることが考えられます。

歯を白くするにはクリーニングが必要

一度黄色くなった歯を白くするには、歯磨きをするだけでは難しいと言われています。無理に磨きすぎるとエナメル質を削る原因にもなります。


ステインを除去する歯磨き粉というのがテレビCMなどで宣伝されていますが、実はあまり良くありません。そのような安価な歯磨き粉は数百円程度で売られていますが、安いものには研磨剤が入っています。研磨剤を使えば少しは白くなりますが、同時に歯のエナメル質を傷つけます。


歯のエナメル質を傷つけると虫歯の原因となります。それだけでなく、傷の間にステインが溜まりやすくなるのでまた黄ばんでしまう原因となります。白くするつもりが、逆に汚れの原因となるのです。ですから、エナメル質を傷つけないようにしなければいけません。エナメル質を傷つけずに歯を白くするには、そのための専用のクリーニングが必要です。

歯を白くするクリーニングとは

ステインを除去して歯を白くするクリーニングのことをホワイトニングと言います。ホワイトニングには大きく3つの種類があります。
オフィスホワイトニング
ホームホワイトニング
ホワイトニングジェル
の3つです。


オフィスホワイトニングというのは、歯科医院で薬剤を使って行うホワイトニングです。強い薬剤を使うので効果が早くでます。しかし、刺激が強いので虫歯がある場合は先に虫歯の治療をしてからでなければ行うことができません。費用は1回で数万~10万円以上かかり高額です。


ホームホワイトニングは、歯科医院でマウスピースを作ってもらい、それを自宅で使ってホワイトニングします。マウスピースに薬剤を塗り、それを口にはめることでホワイトニングをします。オフィスホワイトニングよりは弱い薬剤を使うので効果がでるまでに2週間ほど時間がかかります。1回で数万円ほどの費用がかかります。マウスピースをしている間は、食事などはできません。


ホワイトニングジェルは、ホワイトニング用のジェルを購入して自分で行うものです。ホームホワイトニングの一種ですが、マウスピースなどが必要ないので歯医者に行く必要はありません。刺激の弱い成分を使うので、効果がでるまでに1ヶ月ほどかかります。費用は3千円くらいからなので、上記2つの方法に比べて気軽に始めることができます。


筆者は、お手軽で安全性の高いホワイトニングジェルをおすすめします。


歯を白くするならこのホワイトニングジェル

おすすめのホワイトニングジェル

ホワイトニングジェルにもいろいろ種類がありますが、おすすめはこちらのホワイトニングジェルです。他にもホワイトニングジェルは複数の商品が発売されていますが、これが他と違うのは厚生労働省が認定した医薬部外品ということです。他にもこのホワイトニングジェルにしかない特徴があります。

ステインを除去して歯を白くする

ステインを除去する成分としてポリアスパラギン酸を配合しています。刺激が弱いので安全です。また、リンゴ酸やビタミンCを配合しているので、再びステインが歯につくのを防いでくれます。

虫歯を予防するGTO

ほとんどのホワイトニングジェルは歯を白くするだけですが、ちゅらトゥースホワイトニングは虫歯を防いだり、口臭予防や歯周病予防の効果もあります。特に新規成分「GTO」は虫歯リスクを大幅に軽減されることが研究により分かっている成分です。

厚生労働省が認可した医薬部外品

「歯を白くする」「虫歯予防」「口臭予防」「歯周病予防」といった効果が認められた医薬部外品です。ホワイトニングジェルはいろいろなものが発売されていますが、その中でも数少ない医薬部外品なのです。


おすすめ度No.1のホワイトニングジェル 詳細はこちら

更新履歴